下半身太りの原因を知ってダイエット


痩せる努力はしているのに脚だけは細くならないと悩んでいる女性も多いと聞きます。
下半身太りの原因にも色々考えられますが、血液やリンパの流れが滞っている影響が大きいと言えます。

血液やリンパの流れが悪くなるとセルライトやむくみの症状が現れてきます。
むくみはマッサージケアや食生活、生活習慣の改善である程度は解消できますが、セルライトは一度出来てしまうと自然に消えることはないです。

マッサージやエステのセルライトコースに通ったり、何か対策を考える必要があります。
特に冷え性の方はリンパや血液の流れが滞りやすく、セルライトも出来やすいと言われているので注意が必要です。

また、骨盤が歪んでいると下半身太りになりやすいと言われています。
痩せているのにぽっこりお腹が目立つ、左右の脚の長さに違いがある方は骨盤が歪んでいる可能性がありますから、骨盤矯正ショーツなどを身につけておくといいでしょう。

もちろん、食生活や生活習慣の原因も考えられます。
お菓子やスイーツなど甘いものは脂肪となって体内に蓄積されていきますし、添加物が多い加工食品やインスタント食品ばかり食べている方も下半身太りになりやすいと言われています。

ですから、なるべく食べないようにして、代謝を促すビタミン類を積極的に摂っていくのがお勧めです。
それから必要以上に塩分を摂るとむくんできます。

意外と食生活も下半身太りに影響しているのでダイエット中は塩分の多い食品やインスタント食品、お菓子はなるべく控えるようにします。

Comments are closed.